自販機

自動販売機の設置を検討しよう|利益を上げるために大切なこと

導入する理由とは

缶

自販機の設置を導入する企業は多いはずです。福利厚生の一環として、スタッフためにさまざまな自販機を設置しますが、その中でも、最近では熱中症対策として健康をケアするために導入するケースも増加しています。企業によって、導入する理由はさまざまです。以前は公衆電話を設置していたスペースの有効活用として、新たに自販機を設置する施設も多いといいます。今では、携帯電話の普及により、公衆電話が使用されてなくなったことで、撤去する施設も多いのです。そこで、空いたスペースを無駄にしないように、自販機を設置することで、利益も見込めるため、まさに一石二鳥だといえます。特に病院や学校などの施設で、災害対策としても有益だといえます。震災などいつどこで被災するかはわかりません。特に有事の際には、病院や学校などは被災した人が集まる場所になります。そのような避難場所に、自販機を多く設置していることで、飲み水を多く確保することができるのです。自販機設置は、費用がかかるイメージもありますが、電気代のみで設置することができます。担当者が訪問してくれ、最適な設置場所や機種を提案してくれるはずです。自販機の大きさや、商品についての細かな要望を伝えれば、ニーズに合った自販機と商品を提供してくれるでしょう。場所によっては、土台を工事する必要などもありますので、事前にしっかりと調査をしてもらうことも必要です。設置後は、商品補充やメンテナンスなど定期的なお付き合いが始まります。信頼できるスタッフかどうかも大切な判断基準となりますので、設置後でもスタッフの対応次第では、再検討が必要なケースもあります。